薬品などは化学物質管理

研究機関や大学では、実験や開発のために様々な化学物質を保有しています。

中には人体に危険を及ぼすものや、可燃性の高いものもあるので注意が必要です。研究開発には重要で使い方によっては素晴らしい効果がありますが、悪用することもできるのが化学物質です。なので、保有する際には何に使われているのかしっかり把握して無断で持ち出したり使われることがないようにしなくてはいけません。研究機関や大学の機関では、化学物質管理を行うことが求められています。化学物質管理をすることで、研究所などで誰が何を所有して何を使ったかがわかるようになります。化学物質管理では、まず試薬などの化学物質を購入した際に使う場所や量の登録を行うことが重要です。最初に正確に登録しておかないと、記録する意味がなくなってしまうからです。

一度登録を行ったら、使うたびに使用した量を記録していきます。最後まで使用したら、空にして登録を消して完了です。大学のように多くの学生がいる場所では記録が大変ですが、最近ではパソコンなどを使って簡単に処理できるようになったので心配ありません。最初の登録さえしてしまえば、パソコンで薬品を検索して使った量を入力するだけです。多くの機関では化学物質管理システムを導入して、機関全体で一括管理するようにしています。特に劇物などに関しては、保有する際には必ず登録することが重要です。劇物の場合は、登録する時にMSDSと呼ばれる情報も併せて登録しておくとより安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *