化学物質管理の概要について

化学物質管理に対する関心が高まっており、製造とその使用による人と健康へのリスクをなくそうという国際的な動きがあります。複数の化学物質が配合された化学製品が増加していることから、リスク評価のために組成を開示が求められるようになってきました。化学製品の組成は一般に企業秘密とされていることが多いですが、組成を明らかにすることでリスクに対する情報開示が進んできているのです。化学物質管理はリスクアセスメントに関わる問題で、対象になる化学物質を製造・取り扱いを行う事業者はその有害性や危険または健康障害が生じるおそれの程度を明らかにすることが義務付けられています。

化学的リスクの低減を求められており、それに対する対策を講じることが求められているのです。労働安全法では、一定の危険有害性のある640物質を特定しており、リスクアセスメントを実施する義務を負うこととなりました。業種・事業規模にかかわらず、対象となる化学物質管理をする事業者は労働災害が起こらない対策を講じることが義務付けられているのです。もちろん対象となる物質にあたらない物質でも、化学的物質管理のリスクアセスメントは積極的に取り組む必要があります。

リスクアセスメントとリスク低減措置を実施するには、事業所の中にリスクアセスメントに携わる人に対する必要な講習が実施されることが重要です。リスクアセスメントの手順は、化学物質などによる危険性を特定しリスクを見積もり、リスク低減措置の内容を検討し、リスク低減措置を実施することで労働者への周知徹底が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *