化学物質管理の必要性

科学的に言うと元素もしくは元素が結びついたものが化学物質です。人間が作り出したものだけでなく自然に存在するものも、みんな化学物質です。塩はナトリウムと塩素から構成された化学物質ですし、水もそうです。サトウキビから取る砂糖は複雑な化学物質です。

砂糖が甘いですし、化学物質である薬が病気を治癒させます。洗剤は付いている汚れを落としますし、化学物質によって実に様々な特質があります。私達の暮らしに役立つ特質をもったもので色々な商品を作れば、豊かに暮らすことができるでしょう。ただし化学物質には強弱があるものの人間の体にとって有害な性質があり、体の健康を維持する上で不可欠な塩にも有毒性があります。

有害性が現れるまでの時間に関しては、化学物質によって時間差があります。急性毒性があるものは体に取り込んで直ぐ影響が現れるでしょう。慢性毒性があるものは何年も経ってから影響が現れます。また皮膚がただれた状態になってしまう腐食性、アレルギーが出てしまう感作性、がんになってしまう発がん性のあるものもありますし、動植物に影響が出る環境影響性があるものもあります。

化学物質を使って商品を作る工場では、上記を考慮して化学物質管理しなければなりません。化学物質管理の責任者はスタッフの体に入った化学物質の量を把握したり、なるべく体内に入らないよう専用設備を作ったりします。工場周辺に漏れないような工夫することも化学物質管理のひとつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *