化学物質管理において実施すること

化学物質管理ではリスクアセスメントを行います。その化学物質において生じるかもしれない怪我及び病気の重症度また怪我及び病気が生じる確率の度合い、つまりリスクを見積もることをリスクアセスメントと言います。リスクに応じた対策をとるわけですから、化学物質管理を実施する事業者にとってリスクアセスメントは非常に重要な行為です。GHSも化学物質管理において重要なものです。

GHSとは化学物質の有害性に関係するデータを化学物質の管理者に伝えたり、使用者がより安全に取り扱えるよう必要な措置を講じたりするために開発されたシステムになります。家庭でペンキを塗ったり殺虫剤を使ったりする際に必要以上に使ったり、注意事項を守らずに使ったりしてはいけません。化学物質の工場だけでなく家庭でも化学物質管理を行わなければなりません。そのリスクコミュニケーションも大事です。

化学物質はこの世界に十数万種類も存在すると言われています。全てに対して化学物質管理することは難しいかもしれません。ですが、特に毒性が高いもののリスクアセスメントやリスクコミュニケーションを行うことはできますし、GHSの導入も可能です。工場の管理者であれば、スタッフの体にその化学物質がどれくらい入ったら、その毒性による悪影響が出るかも経験を積むうちに分かってくるでしょう。

この量までなら影響が出ないけれど、それ以上では悪影響が出る、そういったことを把握してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *