過払い金が発生しないケース

  • 過払い金の根本的な問題を理解しよう

    • 本来、正しい融資の契約を締結しているときには消費者金融などの貸金業者に対して消費者から必要以上にお金を返済しすぎるという問題は生じません。

      過払い金問題の本質は、必要以上にお金を返済させてしまう原因が何なのかをしっかりと理解することにあります。


      この点を理解しておけば、返済しすぎたお金は間違いなく取り戻すことが出来るということがわかるようになるのです。

      では、具体的に過払い金問題はどのようなことが原因で生じる問題なのでしょうか。

      過払い金で返還することが可能な金銭の範囲は、一般的にグレーゾーンと呼ばれる金利の範囲であることがわかっています。

      一つ上のプロミスの過払い金の優良サイトならこちらで見つかります。

      グレーゾーンというのは、貸金業法が改正される前に存在していた違法な金利の範囲のことを言います。



      昔は、現在と異なって消費者金融の融資の利息に関する規定が非常に曖昧で、利息に関する法律も一つではなく実は二つ存在していました。
      一つは利息制限法という法律で、もう片方が出資法という法律だったのですが、問題だったのはそれぞれの法律によって上限金利が全く異なっていたことでした。

      上限金利が異なる二つの法律を考慮すると、消費者金融からすれば当然金利が大きくなる法律を選択することが自然です。


      実際に、金利が高い出資法が好んで使用され、これによって利息制限法と出資法の上限金利にはグレーゾーンと呼ばれる上限金利の違いが生じてしまいました。


      これを法的手段によって正すことが出来るのが過払い金問題の本質なのです。