債務整理で合法的に過払い金の返還請求を行う - 過払い金が発生しないケース

過払い金が発生しないケース

  • 債務整理で合法的に過払い金の返還請求を行う

    • 債務整理で合法的に過払い金の返還請求を行えば、払いすぎたお金を簡単に貸金業者から取り返すことが出来ます。貸金業者からお金を借りたときには、合法的な利息の範囲で融資の契約を行うことが基本です。

      その範囲で融資の契約を行えば絶対に過払い金などというものが生じることはありません。しかし、それにも関わらず融資の契約に関して過払い金などというものが生じてしまうのはこの利息に関する法律に問題点があるからに他なりません。事実、この問題は貸金業者が合法的な利息の範囲を設定しないことによって生じる問題であるため、法的手段を利用すれば間違った利息の問題として対処することが可能になっています。

      プロミスの過払い金に関するサポートサイトはここです。

      では、具体的にどのような法的手段を利用してこの問題を解決すれば良いのでしょうか。
      過払い金問題で最も利用されている手段は債務整理という手段の中でも最も簡単な手続きでお金を取り返すことが出来る任意整理という手段です。
      任意整理は文字通り任意の債務の整理を行う手段であるため、債権者と債務者の話し合いの仲で過払い金の問題を解決することになります。



      話し合いの中で債権者の方が必要以上にお金を受け取りすぎていたことが発覚したときにはそれを指摘することでお金を取り返すことができます。



      実際に話し合いをする時には、専門の弁護士を仲介として債務者は話し合いに臨むことが出来るので、まずはこうした問題に詳しい専門の法律家に相談することが大切です。