過払い金が発生しないケース

過払い金返還請求のメリットとデメリット

過払い金返還請求とは、利息制限法で定められた金利の上限を超える金利で利息を支払っていた場合に、その払いすぎた分の利息を返還してもらうように求める手続きのことです。


利息制限法では、10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%という上限金利が定められています。


この上限を超えた金利で支払っていた場合には、過払い金が発生しているので、返還を求めることができます。

すでに借金を完済してしまっている場合でも、完済した時点から10年間は時効にかかりませんので、返還請求をすることができます。

過払い金返還請求のデメリットは、現在は特になくなっています。

プロミスの過払い金のクチコミ情報を求めています。

数年前までは、高い金利であれ契約に同意したので、返還請求をすると金融事故として扱われて、信用情報に事故情報が載るというデメリットがありました。しかし現在は、利息制限法を守っていなかった金融機関の責任のほうが大きく、消費者は利息制限法の上限を超えて支払った利息を返還してもらうように請求する権利を当然に持っており、そこにデメリットがあってはならないという考え方から、返還請求をしても信用情報に事故情報は残らなくなりました。



あえてデメリットを言うなら、弁護士費用がかることや、手間と時間がかかることなどです。
過払い金返還請求のメリットは、払いすぎたお金が戻ってくることにあります。



借り入れ金額や、返済していた期間によっては、数百万円単位でお金が戻ってくることもあります。


過払い金返還請求をするための手間と時間や、弁護士費用などを考えると、あまりに小額だとメリットがありませんが、出資法が改正される2010年よりも前に貸金業者で5年以上の期間借りていた人は大きなメリットがでる可能性が高いです。

  • 過払いの驚く情報

    • 本来、正しい融資の契約を締結しているときには消費者金融などの貸金業者に対して消費者から必要以上にお金を返済しすぎるという問題は生じません。過払い金問題の本質は、必要以上にお金を返済させてしまう原因が何なのかをしっかりと理解することにあります。...

      detail
  • 過払いの意外な事実

    • 債務整理で合法的に過払い金の返還請求を行えば、払いすぎたお金を簡単に貸金業者から取り返すことが出来ます。貸金業者からお金を借りたときには、合法的な利息の範囲で融資の契約を行うことが基本です。...

      detail
  • 過払いの身に付けたい知識

    • 過払い金が発生するまでの間には様々なことがありましたが、その中で最も大きな契機となったのは平成18年1月に下された、違法金利による貸し付けにおける本来支払う必要のなかった返済については無効という裁判所の判断でした。これがあるからこそ今日のように過払い金請求が出来るようになっているのですが、実はここに至るまでには、消費者金融が利用していたある制度が関係しています。...

      detail
  • 過払いが気になる方

    • 消費者金融や信販会社から取り引きをしていた債務者の間で過払い金の問題が発生しました。もしかしたら自分にも過払い金が発生しているのでは、と思っている人は少なくないでしょうが、消費者金融や信販会社から取り引きをしていた債務者全てに発生している問題ではありません。...

      detail