• お中元を贈るタイミングはいつ?

    お中元を贈る時期に悩まれる方もいるのではないでしょうか。

    お中元の最新情報を紹介しています。

    お中元はもともと古代中国から伝わった道教「三元」を由来としており、半年間の無事を祝い祖先の供養をしたことから始まりました。


    7月15日を中元としており、日本独特の風習として今に至ります。


    地域によってはお中元を渡す時期が若干違いますので、贈られるときは地域の風習に合わせた方がよいです。
    東日本では7月の初旬から7月15日までがベストタイミングとされています。


    西日本では8月の初めから15日とされていますので覚えておくとよいでしょう。宅配などの配送が一般的になってきた現在では、7月の中旬までと若干早まっているようです。


    また若い世代に送る時には、7月の初旬から7月の中旬までに贈り、ご年配の方に贈る場合は、その方が住んでいる地域の風習に合わせるとよいでしょう。もしタイミングを逃してしまって贈る時期に間に合わなかった場合は、7月15日を過ぎてしまった場合は、暑中お伺い、暑中お見舞いののし紙をつけます。



    8月7日の立秋を過ぎてしまった場合はのし紙には、残暑お見舞い、残暑お伺いと書きましょう。お中元は相手の好みやライフスタイルに合わせて選ばれると、先方に喜ばれます。
    お子さんがいるご家庭ならジュースや、ゼリーなどの夏に喜ばれそうなものや、大人がいるご家庭ならビールなどのアルコール品、そうめんやハムなどがよいかもしれません。



    相手の好みを調べておいてから贈られるとよいです。