• お中元は心が温かくなれる贈りもの

    毎年夏にになると、日頃仕事などでお世話になっている人へお中元を贈ることが、日本では古くからの習慣となっています。
    近年は、企業との間でやりとりをすることは減少しており、感謝の気持ちを伝えたい身近で大切な人へお中元を贈るだけではなく、友人同士でコミニュケーションを取る形で、サマーギフトとして気軽に贈り合う人も増加しています。お中元の相場は、付き合いが深かったり、贈る相手の立場にもよりますが、3000円〜5000円程度が一般的といわれています。

    お中元に出会えて満足です。

    先方の家族の好みや家族の人数などを考慮して、受け取って喜んでくれるものを贈ることが大切です。
    気温が高めの夏場に贈るものなので、賞味期限が短いものをお中元にする場合は、事前に先方が在宅している日時を確認しておく必要があります。また、会社の上司や先生などの目上の人に、お金や金券類を贈るのは失礼なことになっており、靴などを贈るもの踏みつけるという意味合いになるといわれています。



    本来、先方のお宅を訪問して手渡しで贈るものでしたが、デパートなどに直接出向いて注文をしなくても、通販できるネットショップに注文して直接送ってもらえる便利な時代になっています。



    そのため、先方にお世話になっていることへの感謝の気持ちを伝えるには、メッセージカードを添えるという方法が取られています。

    昔からの日本の習慣がどんどん簡素化していても、贈る側と贈られる側が感謝の気持ちを伝えて、お互いに温かい気持ちになれるのがお中元なのです。